住まいの知識:押入や納戸の湿気対策

住まいの知識:押入や納戸の湿気対策

住まいで高齢者のトイレの不安を取り除く住宅改修

高齢者が安全に暮らせるように住宅改修する住まいが増えています。高齢化社会となっている日本では、家族に高齢者がいる方が多くいます。現代では暮らしやすいよう住宅改修ができるようになりました。危ない危険を減らしたり、体に無理な姿勢を求める住まいを改築して無理をなくすのが大切です。狭い空間での衣服の着たり脱いだり、体の向きを変えたり上下に移動するなどの複雑な動きが多く、ケガが多い場所です。安全で使いやすいトイレにすることは高齢者の自立の心を養い尊厳を保つ事につながります。

高齢者の住まいでの不安はトイレに多くあります。トイレの出入り口に段差がある場合やドアが開けにくいなどの細かなポイントが高齢者の暮らしを助けます。また、ドアより引き戸が動作が楽に開けやすい方も多くいます。開けてから閉めるのが苦手な方もいるからです。トイレの室内の動作が不安定なこともあります。便器に座ったり立ち上がるときの動作を手助けする住宅改修も行えます。これによって立ち上がるときや座るときの転倒の危険を安全にします。具体的には適度な手すりを付けて安全にできます。寒い時期のトイレは温度差が大きいため、健康への被害などの不安を起こしてしまうからです。これらのことから、高齢者の住まいにおける不安を取り除くために、トイレの住宅改修を検討する必要性があります。